Search for the Galactic Magnetic-field by All-sky Polarimetric survey
title


「SGMAP」は、広島大学宇宙科学センターが主導して進めている北天可視偏光サーベイ計画です。


新着情報

Survey region in Galactic coordinate

このプロジェクトでは、専用の口径1mクラス望遠鏡と、新開発の可視2チャンネル偏光撮像装置を用いて、北天から観測可能な14等級よりも明るいほぼすべての星、数百万個に対し、可視帯域の2バンドでの同時偏光サーベイ(偏光測定精度~0.1-0.2%)を実施します。

観測期間は、第一期(銀河面付近|b|≦30°=Region 1; 12,000平方度)、第二期(高銀緯領域 =Region 2; 13,200平方度)それぞれ2-2.5年を予定しています。


これにより得られる偏光カタログは、現存する最大の全天偏光カタログ(過去のカタログのコンパイル; Heiles 2000)に比べ、サンプル星数で実に100倍以上あり、一様で、測定バンド数も1バンドではなく、波長依存性を導き出せる2バンドと、質・量ともに圧倒するものとなります。


この研究は、この10-20年で著しく進展した電波-サブミリ波域の偏波観測による磁場測定とも相補的であり、ALMAや将来のSKAによる磁場測定、そして、Gaia衛星(2014-)やNano-JASMINE衛星による個々の星の距離測定とも極めて相性が良いものになります。
これにより、天の川銀河の北天域における磁場構造を、広く、そして詳細に解き明かし、銀河系の構造形成史を明らかにしていきます。

さらに、本プロジェクトで得られる偏光カタログの圧倒的な量・質を活かして、以下のような多岐に亘る天文学的な貢献が期待できます。



イベント履歴


観測計画案
  1. 掃天範囲
    1. -30°≦ 銀緯b < +30°, 0°≦ 銀径l < +220°(12000平方度)
    2. +30°≦ 銀緯b 及び -90°≦ 銀緯b ≦ -30°, +160°≦ 銀径l < 360°(13200平方度)

  2. 望遠鏡候補
    • 広島大学 1.5m かなた望遠鏡
    • 東京大学 2m MAGNUM望遠鏡(2015年度末に候補から除外)
    • ほか

  3. 観測装置(広視野偏光撮像器)仕様
    • 視野50分角φ(0.5454平方度)
    • 可視2チャンネル g', i'
    • 偏光測定精度Δp=0.1%以下



公表済み文書等


他の可視赤外偏光サーベイプロジェクト・カタログ

SGMAPプロジェクト: 広島大学宇宙科学センター 最終更新日: 2016年10月19日